言語分析未来予測

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡村さんのクリスマスデート.2

<<   作成日時 : 2012/01/24 03:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ちょこっとイイコト」岡村ほんこん♥しあわせプロジェクト - 12.01.20

■高級フランスレストラン「ジャルダン・ド・ルセーヌ」


 貸し切りのレストラン。着席して。

飯野 岡村さんも知らなかったんですか?
岡村 知らなかった。
飯野 びっくり、まさか会えると思わなかった、私。
岡村 なんやと思った? 普通に打ち合わせって言われた?
飯野 はい。普通に、今の現状と、来年の目標って言ったんで、来年の目標、どうしようかなって考えながら来たんでよ。まさか一緒に過ごせるとは思ってなかったので。
岡村 ちょっと一段落したけどね。こないだ大型の生放送終わって。
飯野 よかったですね。
岡村 ご飯も今まで、こう、ちょっとセーブしてたけど、もうセーブ、まだでも続けな、後、4キロぐらい落とすから。
飯野 うんうん。
岡村 顔でもちっちゃくなったでしょう?
飯野 なったなった。

岡村 あれ行ってんて、あの、メンズエステみたいなん。
飯野 行ってるんだ。
岡村 ちゃう、それ一回だけな。あまりにも痛すぎて、もう無理や。
飯野 どんな感じ?
岡村 もうこのリンパとか、ぐっりぐりやられて、もう痛すぎて。
飯野 それはプライベートで行ったの?
岡村 ううん、企画で。
飯野 ああ、そっかそっか。私がやってあげますよ。全然、気持ちいいもん。
岡村 違う?
飯野 うん。違う。ずっちーは違います。
岡村 違うの?
飯野 もっと気持ちいいの。温かい。温かくて気持ちいいの。
岡村 (痛みを思い出し)うわーっ、そこら中、全部……。
飯野 じゃ、来年、来てくださいね。今年は忙しいと思うんで[下を向く]。
岡村 うん。そうね、来年。
飯野 こっそりと。

 カクテルが運ばれてくる。

飯野 始めて手をつないじゃいましたね。
岡村 今日? もう決めてたから。今日もミキティーとかに怒られたし。今までのどうやったか、みたいな。すごいあれ、言われた。色々。
飯野 そうなんですか。
岡村 うん。
飯野 そっか[複雑な表情]

 最初の料理が運ばれてくる。

岡村 これはすごいクリスマスだね。
飯野 うん。おいしい。
岡村 今まではクリスマスってどうしてたの? 仕事だけ?
飯野 仕事ばっかでしたね。本当に20代は。
岡村 ほんまにそう? ずっと言うてんな、ずっちーな。

飯野 いや……[ちょっと緊張して]そうです。[フォークとナイフを置いて、手振りを交えて]でも、私も32なので、ずうっと独り身ってわけじゃないんですけどね。

飯野 [身振り手振りが多くなる]付き合っても、ちょこっとしか付き合えないんですよ。長ーくは付き合えない人だったんですね。
岡村 [瞬時に]なんで?
飯野 仕事だったんですよ。
岡村 ああ。会おうちゅうても、会われへんし。
飯野 はい。男の人よりも仕事優先だったで自分の中で。仕事が好きだったんです。
岡村 好きやったんや仕事。
飯野 好きやった。すごい好きやった。

飯野 たぶん今はやり尽くした感があるっていうか、今度は違った、[現在は2011年]来年からは違った女性としてもっと魅力的になりたいなって。

 料理が運ばれてくる。

岡村 [スタッフに]ありがとうやね。自分だけでは、こんなんできなかった。
飯野 岡村さん、もしこのスタッフさんが、用意してくれなかったら、「ずっちーと会いたいな」っていうのは思ってたんですか? それとも……。
岡村 どうしようかなって思っててさ、明日はあれやろ、あかんし、25も、どうしたらええかなってすごい……。
飯野 あっ、考えててくれたんですか。わぁ。そっかそっか。なんか、考えてくれるっていうのが嬉しいですね。
岡村 ちゃんと考えてたよ。
飯野 そうなんですか。来年は[仕事抜きで]一緒に過ごせたらいいですね。
岡村 そうやな。

 メインデッシュ、客前での料理でフランベして火が燃え上がると岡村さんが両手をあげて驚く。演技ではなく、無意識のように見える。
 飯野さんは「始めて食べました、鹿」と言っている。

 ピアノの生演奏。「きよしこの夜」

岡村 「カノン」や。すごい好きなの。

 と、ここで飯野さんが涙ぐみ、

岡村 どうしたのずっちー、どうした?
飯野 すいません、嬉しくて。
岡村 うん? だいじょうぶ?
飯野 はい。
岡村 テッシュあるよ。
飯野 だいじょうぶです。
岡村 [ピアノに]ここすごい好きなの。
飯野 分かります。

 岡村さんは飯野さんを直視できない。笑顔だが、下を向いてる。

岡村 [演奏が終わり]ありがとうございます。[演奏していた人に]泣いちゃいました。
 なんで涙、出てきたん。
飯野 嬉しくて。なんか幸せだなって思って。
岡村 よかった。
飯野 じーんときました。
岡村 そう。よかった。いいクリスマスになれば。
飯野 本当ですよ。岡村さんのおかげですよ。と、スタッフさんのおかげ。
岡村 じゃ、たぶん、だから、あれちゃう、スタッフが「岡村、しっかりしろよ」って、たぶん言ってくれてるんじゃない。俺がなんにもせいへんからさ。「連絡も、お前、なんか忙しい言うて、中途半端になってんちゃうんか?」とかさ。そんなん、たぶん、あんのかなーって思って。ちょっと、あれやわ。
飯野 でも、あの、きっと他に、おかむーさんは仕事になったら、[また身振り手振りで]こーなる方って分かるので、うまくその両立ができ、[言い換えて]難しいのかなって思ったのかな。

岡村 自分で言うのも、あれやけど、不器用やと思う。
飯野 いや、仕事に一生懸命じゃないですか、いつも。だから、おかむーさんのペースでいこうと思ってて、だから自分から、もう、会いたい会いたいとか。
岡村 気を遣わなくて、気を遣わないでよ。本当に。前もメールで入れたかもしらんけど、メールしたいときに、連絡したいときに、連絡してくれて全然いいから。
飯野 ありがとうございます。そうしますね。
岡村 そうして。

 ここで森三中の村上さんが登場。そして大島さんが「Everything」を歌う。
 歌が終わって二人が合い席して、すったもんだがあり、

大島 二人は先輩ですからね、結婚と言うことでは。アドバイスできたならって思ってんです。飯野さん、おいくつ?
飯野 32です。
大島 同い(歳)なんですよ。79年生まれでしょう。ポケベル世代ですもんね。
村上 本当に私たちが言えるのは、やっぱり結婚して分かったことっていうのがたくさんあるんです。本当にお互いが支え合って、楽しく人生を送れるんだなっていう、本当にありがたい、結婚してよかったな、っていうことを二人に言いたい。
岡村 もう、うるさいけどね。正直ね。
村上・大島 うるさい?
岡村 全然、違うなと思って。79年でも。
大島 何が違いますね私たちと飯野さんというのは。
岡村 全然、違う。品が。
村上・大島 品が。
岡村 品が違う。
村上 品がない、ということですか、私たち。
岡村 ないっていうか、なんかねえ、そのなんやろう、もう違うのよ、やっぱり。
村上 どういうところが素敵なんですか、じゃあ、飯野さん。
岡村 やっぱり、なんでしょう、今回、改めてね、こう、あの、「嬉しくて涙が出ました」っていう、あのきれいな、涙を見たときに、あっ僕は、この人をちゃんとしてあげなければならない、と言いますか、もっとしっかりした気持ちになったのは事実です。本当に。
村上 心を打たれますよ。
岡村 心を打たれましたね。まさか泣くとは、ちょっと思わなかったんで。
村上 あそこのシーン、私たちも見てたんです。そのときに、この腹黒い大島さんがですよ。「素敵な女性だ」と。全然、違うんでしょ?
大島 全然、違う。普通のね、飯野さんじゃない他の女性が泣いたときに、私が思うのは、「岡村さんに好かれようと思いやがって」って、こういうことがあったら思っちゃうんですよ。でも、飯野さんに関しては、嫌味が全くないんです。真っ直ぐな方なんだな、って。
村上 いやらしさがないんですよ。本当に。
岡村 僕もそれはすごく、あの、なんでしょう、危なかったです。泣いてらっしゃるのを見て、ヤバイ、直視できなかった、というか、だからすぐに、こう、ティッシュ捜す僕がいました。
村上 なるほど、あれは、ちょっともう。
岡村 危なかったです。
大島 「カノン」始まってから、ニヤニヤしていましたもんね。
村上 あれは曲が好きってことじゃ。
岡村 [笑うと口元を手で隠している]曲がすごく好きやったもんですから。うわっと思って。
大島 飯野さんのことちょっと見たんですよ。
岡村 [照れて]そうなんです。[手で顔を覆ってのけぞる]
村上 好きな音楽と、この雰囲気と、そして好きな人と一緒に今いる、このシチュエーションがたまらなかったっていうことですね。
岡村 たまらなかったです。すごいニヤニヤしてきたんですけど。
大島 [飯野さんに]ニヤニヤしてたんですよ。
岡村 [笑いながら]言わないでください。
大島 飯野さんのことをチラチラ見てたんですよ。
岡村 [笑い出す]
飯野 本当ですか?
岡村 実際、涙、流しはった時に、わーヤバイ、っていう、ええ。
村上 岡村さん自身もほろっときそうな。
岡村 危なかったです。本当に。だから、あの、今日また、ああー、一段とこう、うー、ずっちーのこと好きになった瞬間でもありましたね。
飯野 ありがとうございます。
村上・大島 おー。
岡村 こんな素敵な人、いるんだな、って思いました。
村上 ちょっと、もう一回だけ、今のセリフ、頂いていいですか?
岡村 いや、もう安売りしたくないので、あれですけど、あのー、ずっちーのことを一段と好きになりましたし、こんな素敵な人はいないなって思いました。
村上 もう本当にね、やっぱ今日は特別ですから、今日だけでも、そういう言葉は、一杯、言った方がいいと思います。
岡村 本当にね、今日は、やっぱ特別で、いろんな人にね、こうやってあのー、席、設けて頂いて、本当に、こう、ありがたいなって思ってますよ。
村上 あら、そろそろ時間の方が……。

 と、二人が退席。

飯野 結婚というのはねどういうものなのか、私も、ほら、したことがないので分からないし、なんだろう?
岡村 いろんなこと言うけどね。勢いだとか、なんか色々言うけど、なんやろうなあ? なんかのタイミングやろうと思うね。自分の中で、こう、なんか、うー、1つ大きなことやり遂げたりとか、なんかそういうときなのかなー、とは思ったりするけど。すごいなと思うもの。家族と一緒に過ごすことなんて普通やけどさ、いわば、こう、他人の人と一つ屋根の下で、こっから先、ずっと一緒にいますよって。
飯野 そうです、そうですよ。でもなんか、気を遣って、気を遣いすぎて一緒に暮らすのも、それもやっぱり疲れちゃうし。
岡村 そうやな。絶対、疲れると思う。
飯野 変に良く見せたいとかも疲れちゃうと思うし。普通になにも自然体で、一緒に暮らせれば一番それはいいことだし。

 クリスマスケーキ。

飯野 幸せでした。
岡村 そやった?

岡村 びっくりしたな。
飯野 本当ですよ。びっくり。本当にびっくり。本当に今年1年で本当に幸せ。
岡村 一番、幸せ? そっかー。

 そしてクリスマスプレゼント。

飯野 うわー、かわいい。ありがとうございます。うれしいです、岡村さん。この色、私好み、ベージュ大好き。本当に幸せすぎです。巻いて帰ろう。

 と、デートは終わって、店の前で別々に分かれる。「連絡するね」と岡村さんが言っている。

最後の感想

 飯野さんは「本当に幸せです」を繰り返していた。
 岡村さんは、ずっちーの涙にびっくりしたようで、「自分も泣きそうになって」と言っていた。「やっぱり心がきれいな人。選んでよかったなと思いましたね。だから、こっからは、あのー、男としてね、ちゃんと、大人としてね、責任の取れるようにって、いうふうに思っていますね、はい」。

人気ブログランキングへ
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム
画像 1分でパブー 超簡単に面倒なことは省いた電子書籍製作マニュアル。一作業、一行で説明。タイトルと概要で最初の50文字は重要。








画像 2011.6.言語分析未来予測【連載】 政治、芸能、事件、ジョーク、などを統合する、1ヶ月のノンフィクション連載。時事問題を人の分析で予測的に表わす。目次と検証は試し読み設定とする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お見合いからデート、その後の岡村さんの悩み.1
ちょこっとイイコト」岡村ほんこん&#9829;しあわせプロジェクト - 12.02.03 ...続きを見る
言語分析未来予測
2012/02/05 00:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡村さんのクリスマスデート.2 言語分析未来予測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる