言語分析未来予測

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマ次期大統領の分析.3

<<   作成日時 : 2008/11/12 17:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

 民主党候補選に勝利した後の演説での冒頭を、旧約聖書の出エジプト記をさりげなく聴衆に意識させ、エジプトで奴隷として働かされていた人々のイメージと、過去のアメリカの人種差別をだぶらして思い出させた。
 これは1つのアメリカを標榜するオバマ氏としては明らかなダブルスタンダードだが、彼自身の感情の中には、どうしても譲れないものであるようだ。
 しかしこのような有権者に贖罪意識を感じさせ投票をさせることでの悔い改めるという人心操作は、これから何らかの問題となるだろう。

 たとえば、エリート主義の支配に拘るようなら、国民への要求が多くなるだろう。大勢を操作できると思い込んでいるのだ。
 また過剰な表現で危機を煽りたりで国民を大いに不安にさせるかもしれない。そんな誇大な表現に多くが驚かされてしまう。

 オバマ氏が、限りない成功を求めるなら、政治経験が少ないために大いに悩むこととなるのだが、それは国民にとっても大きな悩みとなるだろう。最高権力者として、何でもできるという思いが、感情を昂揚させ、より大袈裟な表現となってしまうことで、国民を悩ませるのだ。
 また大勢のブレインを持ったとしても、結局は自分のしたいことを優先するのではないか。それがうまくいかないと焦りから落着きが無くなってしまう。しつこく喋り、皮肉や嫌味で批判をするだろう。

 エリート主義の理想の追求とは、別な問題として、あまりにも欲望が大きいせいで、浮気の問題ともなりかねない。他人を操作できると思い込んだための女性への誘惑や、しつこいスキンシップなどに対するセクハラともなりかねない。しかし宗教的な道徳観が強いのであれば、自己をコントロールできるはずだが、ストレスが誘惑の抵抗を妨げるほどとなれば、だからこそのスキャンダルになりかねない。民主党、前クリントン大統領以上の問題ともなるだろう。

 多くのブレインを必要としたり、共和党の政治家をも取り入れようとするが、それは寛容と言うよりは、オバマ氏の多くの要求である。貪欲に取り入れようとしているに過ぎない。自分に自信がなくなればそれも単なる依頼心ともなりかねないだろう。
 それにしても様々に人材や政策を取り入れようとしているのは、完璧な政権を目指しているからではあるのだが、それも結局は、自分を特別だと思っているからである。空想的な自尊心が、政治理念のなさを補おうとしているのだ。自分にとって情況がよくないと、情報を自分の都合のいいように解釈し出すだろう。
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム
画像 1分でパブー 超簡単に面倒なことは省いた電子書籍製作マニュアル。一作業、一行で説明。タイトルと概要で最初の50文字は重要。








画像 2011.6.言語分析未来予測【連載】 政治、芸能、事件、ジョーク、などを統合する、1ヶ月のノンフィクション連載。時事問題を人の分析で予測的に表わす。目次と検証は試し読み設定とする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オバマ大統領就任演説の分析.1
私たち=63 国=38 新(新時代・新しい・新技術)=13 戦(戦争・戦う・内戦……)=12 責任・責務=10 国民=9 危険・危機=9 前に・前進=8 神=5 旅(旅路)=5 恐怖=4 希望=4 課題=4 感謝=4 平和=4 価値観=4  精神=3 勇気=3 敵=3 建国=3 精神=3 力=3 ...続きを見る
言語分析未来予測
2009/01/22 01:07
バラク・オバマ氏の分析予測【検証】2
バラク・オバマ氏の分析予測【検証】 予測  階級闘争的な政治。  国民への要求。  過剰な表現で危機を煽る。国民を大いに不安にさせる。  政治経験が少ないために大いに悩む。  経済や金融の認識不足による不安。  感情を昂揚させ、より大袈裟な表現で、国民を悩ませる。  自分のしたいことを優先する。  うまくいかないと焦りから落着きが無くなる。  しつこく喋り、皮肉や嫌味で批判をする。  浮気などの問題。  多くの要求。自信がなくなればそれも単なる依頼心ともなりかねない... ...続きを見る
言語分析未来予測
2010/06/02 06:32
バラク・オバマ氏の分析予測【検証】7
バラク・オバマ氏の分析予測【検証】 ...続きを見る
言語分析未来予測
2010/06/10 10:42
オバマ大統領の未来予測【検証】浮気・不倫について 2008〜2014
 オバマ大統領の浮気・不倫予測を検証する。 ...続きを見る
言語分析未来予測
2014/02/15 09:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オバマ次期大統領の分析.3 言語分析未来予測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる